ネイティブイングリッシュの口コミなら

【どっちが効果あり?】ネイティブイングリッシュVSオンラインレッスン



 

英会話が上達する最も効果的な方法は
ネイティブと話すことです。

 

しかし、ほとんどの人は
身近にネイティブがいなくて
話す機会がないのではないでしょうか。

 

英会話学校に通い始める人もいるかと思いますが、
費用や時間の都合で通えない人もいますよね。

 

そこで、おすすめするのがオンラインレッスンです。

 

一回数百円〜数千円とかなりお得な料金で
マンツーマンレッスンが受けられます。

 

いきなりネイティブと話すのは抵抗がある人は
日本人講師を選ぶこともできます。

 

では、気になるレッスン料を見てみましょう。

 

 

ネイティブイングリッシュVSオンラインレッスン

 

オンラインレッスンのメリットは
●通学の必要がない
●早朝・深夜でもレッスンが受けられる
●オリジナルテキストが用意されている場合がある
●格安でネイティブと話せる
●マンツーマンなので講師を独り占めできる

 

こんなにあるんです。

 

デメリットよりメリットの方が大きいのですが
挙げるとすると

 

●フィリピン人の講師が多く、
 アメリカ、イギリス等の事情について聞きたくても
 知らない人が多い
●講師間のスキルに差がある
●レッスン開始の数時間前までに予約が必要
●パソコン・スマートホンを持っていない人は利用できない
●スカイプの使い方がわからない人には利用が難しい

 

このくらいでしょうか。
デメリットについては後ほど説明します。

 

まずは、メリットと費用について見てみましょう。

 

◆大手オンラインレッスンR
日常英会話コース 一ヶ月5,800円→1日当たり約187円
1日1レッスン(25分)

 

講師の国籍:フィリピン人(日本語可能な講師あり)
日本人講師:なし
レッスン予約可能時間:6:00〜24:30

 

300名を超える豊富な講師が売りの業界最大手です。
オリジナル教材も3,000以上あります。
日本人カウンセラーによる学習相談は有料で可能です。

 

◆オンラインレッスンD
スタンダードプラン 一ヶ月5,500円→1日当たり約177円
1日1レッスン(25分)

 

講師の国籍:90か国以上(ネイティブを除く)
日本人講師:あり
レッスン予約可能時間:2:00〜25:30

 

レッスンはなんと24時間いつでも可能です。
ネイティブとも話せるプランもありますが、
レッスン料は3倍ほど高くなります。

 

日本人講師はいますが、無料体験時のみ受講できます。
有料会員は受講できません。

 

他にも数えきれないくらいオンラインレッスンはありますが、
代表的な2つを取り上げました。

 

オンラインレッスンのデメリットは?

 

褒めてばかりですが、デメリットもあります。
私は5年以上オンラインレッスンを受けているのですが、
気づいた点を挙げてみます。

 

●フィリピン人の講師が多く、
 アメリカ、イギリス等の事情について聞きたくても
 知らない人が多い

 

オンラインレッスンサービスを数社利用したことがありますが、
どこも講師はフィリピン在住のフィリピン人でした。

 

講師の英語は非常に聞き取りやすい
アメリカ英語でした。

 

フィリピンにあるアメリカのコールセンターで働いている人
(または以前働いていた人)が多く、
アメリカ人も自分がフィリピン人と話してるなんて
全然気づいていないと言っていました。
そのくらい流暢できれいな発音です。

 

英語のスキルは申し分ないのですが、
私は趣味の海外旅行や大好きなアメリカについて話したかったのです。

 

しかし、アメリカに行ったことのない講師が圧倒的に多く、
海外に行ったことのない講師もかなりいました。
そのため、旅行の話はできませんでした。

 

教材を使ってレッスンを受ける分には問題ないと思いますが、
フリートークの場合、共通の趣味がなければ
会話が盛り上がらないかもしれません。

 

●講師間のスキルに差がある

 

教材を使ったレッスンでもフリートークでも
講師によって進め方が違います。

 

生徒にドンドン話させようとする講師がいる一方で
ずっとしゃべり続ける講師もいます。

 

レッスンを予約した時に要望として
「たくさん英語を話したい」と書いたにもかかわらず
25分のレッスン中9割くらいしゃべり続けていた講師がいました。

 

英語で文句を言いたかったんですが
英語レベルが低かったので何と言っていいかわからず
こちらが話す隙もないくらいのマシンガントークだったので
結局相槌くらいしか打てずにレッスンが終了してしまいました。

 

その後、この講師のレッスンは二度と予約していません。

 

リスニングの練習にはいいかもしれませんが、
下手でも英語をしゃべりたかったので
大変ストレスがたまりました。

 

●予約できないこともある

 

たいていレッスン開始2時間前までに予約が必要です。

 

急に時間が取れたのでレッスンを受けようと思っても
予約時間を過ぎてしまっていると
希望の時間にレッスンが受けられません。

 

また、当日の予約だと
すでにどの講師もスケジュールが埋まってしまっていることがあります。
特に週末はレッスンが埋まりやすいので
数日前から予約したほうがいいです。

 

当然ですが、希望の時間帯にレッスンを開講している講師がいなければ
レッスンは予約できません。

 

●パソコン・スマートホンを持っていない人は利用できない
●スカイプの使い方がわからない人には利用が難しい

 

普段から使っている人は問題ないでしょうが
使っていない人にはハードルが高いです。

 

ネイティブイングリッシュは本当に役立つの?

 

簡単ですが、メリットとデメリットをまとめてみました。

 

1日200円以下で英語が話せるのは
とっても魅力的ですね。

 

自宅で気軽にレッスンを受けられるのも
大変便利です。

 

ですが、英語が話せない初心者は
いきなり外国人と話すより
下地を作ってからレッスンに臨んだ方が
グッと効果がアップします。

 

そういう人はいつでもどこでも好きな時に
英語が勉強できるネイティブイングリッシュがおすすめです。

 

教科書英語ではなく、
ネイティブが本当に使っている表現を厳選しているので、
ネイティブが話していることが理解できるようになります。

 

また、載っている表現を使うと
会話が大変盛り上がり、
一目置かれること間違いなしです!

 

◆ネイティブイングリッシュ

 

【内容物リスト】
 ■Native English
 ・教材テキスト(1冊) 192ページ
 ・Listening CD 計6枚
 ・Speaking CD 計6枚
 ・英語(ナチュラルスピード) CD 計3枚
 ・ニュアンス解説 CD 計3枚

 

■[特典]Native English Business
 ・教材テキスト(1冊) 32ページ
 ・Listening CD 計2枚
 ・Speaking CD 1枚
 ・英語(ナチュラルスピード) CD 1枚

 

こんなに付いてていいの?というくらい
かなりサービス満点なボリュームです。

 

スピーキングだけではなく、リスニングも練習できる教材って
実はあまりありません。

 

そういう点でネイティブイングリッシュは
ポイント高いです。

 

「ネイティブイングリッシュってどんな教材?」
「どう学習すればいいの?」
など、もっと詳しく知りたい人は
こちらをご覧ください。

 

レビューを読む

 

ネイティブイングリッシュの公式サイトは
こちらをクリックしてください。

 

公式サイトを見る