ネイティブイングリッシュの口コミなら

【リスニング】英語が聞き取れない2つの原因と練習方法



 

英語が聞き取れない理由は
英語が日本語より速いからではないということは
前回説明しましたね。

 

前回の記事

【リスニング】英語のスピードは日本語より速い?

 

それなのに英語が聞き取れない理由とは
一体何でしょうか。

 

理由は2つあります。
@そもそも単語を知らない
A英語の発音に慣れていない

 

理由自体は拍子抜けするくらい単純なものですが
これを見落としている初心者、結構います。

 

これらは練習すれば解決できる問題なので、
今はリスニングが苦手でも心配しないでください。

 

では、2つの原因を詳しく見てみましょう。

 

知らない単語は聞き取れない

 

これは何も、英語に限ったことではありません。

 

ちょっとこの動画を見てください。
津軽弁と南部弁を取り上げた番組なんですが、
映像は見ず、音声だけ聞いてください。

 

 

これを聞いて、意味は分からなくても完璧に聞き取れた人は
「神の耳」の持ち主です(笑)

 

津軽弁も南部弁も同じ青森の方言ですが、
お互いの方言が全く理解できないそうです。

 

なので、「英語が全然聞き取れない…」と
嘆く必要は全くないのです。

 

それは、その単語を知らないせいです。
知らなければ、意味と発音を覚えれば
聞き取れるようになります。

 

発音はルールを知れば聞き取れるようになる

 

私の失敗談を一つ。
学生時代、アメリカのアリゾナ州に短期留学したことがあるんですが、
リスニング力が低いまま行ってしまったので大変苦労しました。

 

ホストファミリーが空港まで迎えに来てくれて
家へ帰る車中、ホストマザーとおしゃべりしていたんですが、
彼女が時々話す「ある単語」がまったく聞き取れませんでした。

 

初対面の時の会話なんて大体
「疲れていない?」
「飛行機に何時間乗っていたの?」
という感じなので、結構楽勝で会話していたんです。

 

ですが、どうしても彼女の話す「エウィゾーナ」という言葉が
理解できませんでした。

 

何回も聞き返してようやく
「Arizona」と言っているんだとわかりました。

 

自分がこれから留学する州の名前が聞き取れないなんて
自分でも驚いてしまいました。

 

でも、何度聞き返しても
「エウィゾーナ」にしか聞こえなかったんです。

 

なぜ私が聞き取れなかったかというと、
「Arizona」の発音は「アリゾナ」だと思っていたからです。

 

でも実際は、最初のAはアとエの中間ぐらいの発音ですし、
Rのあの独特の発音は、慣れていなければなかなか聞き取れないです。

 

リスニング力を上げつつ語彙を増やす練習方法

 

英語が聞き取れない2つの原因

 

@そもそも単語を知らない
A英語の発音に慣れていない

 

これらを解決する練習方法はあるんでしょうか?

 

実は…あります!
それは、ディクテーションです。

 

ディクテーションとは、聞き取った音声を書き出す練習方法です。
なぜディクテーションが効果があるのかというと、
英語が聞き取れない原因を突き詰めるとこのようになるからです。

 

@そもそも単語を知らない→語彙不足
A英語の発音に慣れていない→単語は知っているが発音が聞き取れない

 

そのため、聞き取った音を本当に正しく聞き取って
意味を理解しているかどうか確認できるディクテーションは
うってつけの練習法なのです。

 

ディクテーションに向いている教材と向いていない教材

 

では、どんな教材を使えばいいのでしょうか。
私がおすすめするのは、リスニング用の教材を使うことです。

 

日常会話を勉強したいなら日常会話を、
旅行会話なら旅行会話をディクテーションします。

 

逆に初心者にあまりおすすめしないのがドラマです。
私は海外ドラマDVDを英語字幕付きにして
ディクテーションをしてみたことがあるんですが、
すぐにやめました。

 

ドラマは言いよどんだり、辞書に載っていない会話表現が使われたりして
初心者には大変聞き取りにくいです。

 

もちろんネイティブが普通に話すスピードなので
聞き取れる/聞き取れない以前の問題です。

 

同様に、ニュースも初心者にはおすすめしません。
確かに発音ははっきりしていて大変聞き取りやすいんですが、
難易度の点で、初心者には歯が立ちません。

 

ある程度英語レベルが上がったらぜひ挑戦してみてください。

 

私がおすすめするリスニング教材は「ネイティブイングリッシュ」です。

 

 

ネイティブが本当に使う表現だけを厳選しているので、
一生懸命覚えたのに実はネイティブから見ると
不自然な英語だったという悲劇が起こりません。

 

それに、リスニング力を鍛えながら
同時にスピーキング力も上がるという
仕掛けがあります。

 

他にも途中で飽きさせない楽しい仕掛けがたくさんあるので、
今までどんな教材を使っても挫折続きだったという人にこそ
試してほしい教材です。

 

「教材難民」は今日でおしまい。
ネイティブイングリッシュについて詳しく解説しているので、
ぜひ見て行ってください。

 

ネイティブイングリッシュのレビューは
こちらをご覧ください。

 

レビューを読む

 

ネイティブイングリッシュの公式サイトは
こちらをクリックしてください。

 

公式サイトを見る